家具の修復

椅子の木部修理(脚折れ修理)

2017-01-11

本日は椅子の木部修理を行いました。

後脚は負荷がかかりやすいため、このように派手に折れて壊れてしまうことがあります。

今回のように木目に沿って綺麗に折れている場合は、適切な処置を施せば、何事もなかったかのように綺麗に直すことができます。

張替だけでなく、木部修理についてもお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはコチラ→ 03-3433-3561

メールでのお問い合わせはコチラ→ info@sayama-ss.co.jp


応接室ソファ、テーブル修理

2016-12-28

ソファウレタン交換、テーブル重ね塗り再塗装、ピアノ椅子の張替えをさせて頂きました。

納品後

ソファは30年以上使用されていましたが、中材のウレタンとウェービングテープが劣化していた以外は綺麗な状態でしたので、今回はウレタンとウェービングテープのみ交換しました。

状態としては、ウレタンの劣化で座クッションが沈んでしまい、それに伴い張地の皮、ウェービングテープも伸びておりました。張地の皮は伸びてはいましたが、痛みは少なく厚手の良質な皮材だったため、ウェービングテープと中材のウレタンを交換するだけで座り心地だけでなくパッと見の印象も大きく変わり、お客様に喜んで頂きました。

テーブルは剥離するほど劣化していなかったため、ウレタンの重ね塗り再塗装を施し、

ピアノ椅子はウレタンも交換し、ビニールレザーから本皮に張替えました。

ビニールレザーは加水分解してべたべたになってしまうものもありますが、

本皮に張替えれば耐久性が増して長持ちします。更に高級感も出ますので、ご予算が合えば本皮への張替はおススメです。

年内最後の納品は天気も良く、お客様にも満足して頂き、良い締めくくりとなりました!

ありがとうございました。

 


カウンターチェア修理

2016-12-26

今回は弊社の近くにある某スナックからご依頼を頂き、

カウンターチェアの脚と座面の接合部を溶接させて頂きました。

中のパイプの溶接部分がとれてしまっていて、それによって

座面がグラついていたのでそこを修理させて頂きました。

弊社では溶接による修理も承っておりますのでぜひご相談下さい。

 

溶接部分解説図

・中のパイプによって脚を固定しています。

 

完成


3人掛けソファー張替

2016-12-22

袴付の3人掛けソファーの張替をさせて頂きました。

クッションは背座共に、中材の綿を追加して、内袋を新規に製作をしました。

張替前

張替前

張替後

張替後


キャスター付きアームチェアの張替え及び仕様変更

2016-12-21

本日はキャスター付きアームチェアを張替えました。取り回しが良くなるように、アームを外して張替えています。

単純な生地の張替えだけでなく、仕様を変更して張替えることで新たな椅子に生まれ変わることもできます。


ダイニングチェア張替

2016-12-20

30年以上お使いのダイニングチェアを張替修理のご依頼を頂き納めさせていただきました。

座面の状態はお写真のように落ちてしまい、中のバラバネが下へ飛び出してしまっている状態でした。

その為、ウレタンは交換で、スプリングは1つずつ丁寧に組直し、

既存は鋲打ち出したがダブル玉縁に変更して仕上げました。

張替修理前

下記の写真のように、バラバネを1個1個組み直させて頂きました。

こういったことができる職人も減りつつありますが、弊社では修理可能です。

 

張替修理後


ロビー待合ソファー張替

2016-12-15

都心の某企業様のロビー待合ソファーを張り替えさせて頂きました。

座面のウレタンが崩れてしまった為、一部ウレタンを交換、

再度成形をして、張替をいたしました。

張替前

張替後


座面張替え

2016-12-13

本日は座面の張替修理を行いましたので、一部ご紹介いたします。

椅子やソファは座面を張り替えるだけでも印象がグッと変わります。

お部屋のイメージを変えたいと考えている方は、手段の一つとして”張替え”という方法もお勧めです。多種多様なサンプル生地を眺めながらいろいろとイメージを膨らませるのも楽しいものですよ!


クラブソファーセット張替

2016-12-09

今回は、銀座の某クラブ様のソファー・スツール・カウンターチェアの、

張替依頼を頂き、ご納品させて頂きました。

張替前はモケット素材の無地でしたが、張替後は花柄の生地で、

お店の雰囲気が華やかにと変わりました。

張替前

張替後

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 11