英語対応での家具修理
2019-11-21

 

今回の依頼は、米軍基地に住むアメリカのご家庭からの家具修理の御依頼。

英語で対応できる家具屋(重要ポイント:工場を持ってる)が都内にはないみたいで、
外国のかたからの御依頼は良くございます。

また、今回の御客様は、アメリカのほうに1週間後に帰国されるということで

それまでに直して欲しいということでした。

 

1つずつ見ていきます。

①≪棚 / 塗装修理≫

ポイントとしては、上部にあるようなキズを残して、アンティーク感は保ちながら、
側面の色と他の色がだいぶ色が異なっているため、側面の色にあわせて塗装したい。

上記写真のように出来上がりました。

② ≪サイドチェスト / 脚修理≫

脚が外れてしまったということで、脚を取付させて頂きました。

 

 

③ ≪収納箱 / 蝶番の修理&塗装≫

 

上の写真の収納箱は、蝶番と塗装を修理させて頂きました。

こちらも、①の同様に色を調整して、キズはあえて残しながら塗装させて頂きました。

 

 

全ての修理を御客様の希望納期で、そして、御客様の期待以上の品質で納品させて頂き、

御客様からは、『THANK YOU SO MUCH.  I REALLY APPRECIATE IT』

というお言葉を頂きました。

 


≪家具製作 修理 ・ 椅子製作 張替え・ヘッドボード製作・ ソファ クッション製作 etc≫

~~お気軽にご相談下さい。~~

工場: 栃木工場 栃木県小山市間々田

本社: 東京都港区新橋

創業: 明治44年

関連記事

最近のコメント