家具の修復

SOFA  張替

2019-10-10

今回は、SOFA を張替えさせて頂きました。

【張替前】

 

【張替後】

 


踏み台張替え

2019-09-11

今回は某ホテル様からのご依頼で、踏み台を張替えさせていただきました。

長年の使用により生地が剥がれ、木部が欠けている箇所がありました。

木部が欠けている状態で張替えると角がきれいに仕上がらないので、まず木部を補強します。

剥がした生地をもとに裁断して、

木部と生地にノリを塗って乾燥させます。

張替え作業

角は切り込みを入れながら張っていきます。

完成

 

 

 

 


木部修理

2019-08-30

今回は、座面の木部の修理のご依頼を頂き、もう木部がボロボロに腐ってしまっているため、

新規で座面のところのみ製作させて頂きました。

 

≪塗装前の木部≫

≪塗装見本≫

 

≪修理後≫


座面ウレタン交換

2019-08-13

今回、歯科医のお客様からのミッションは、

『受付前の椅子が、布地は綺麗なんだけど背もたれと座面がくたびれてきて

なんとか見てくれが良くできないかな』

ということで、弊社の御提案は『中材交換』でした。

もともと、背もたれには、羽毛が入っており、羽毛は柔らかい座り心地を与える反面、

どうしても、くたびれてくるとおじぎをしてきてしまいます。その為、背も座面もウレタンに交換

させていただきました。

 


ソファー張替及びクリーニング

2019-07-31

先日、ソファーの張り替えとクリーニングのご依頼を頂き、作業させて頂きました。

品物は、カッシーナ社製のマラルンガソファーの1Pと2Pです。

まずは張替えました1Pソファーのご案内です。

1Pの張替前は、本革仕様でしたが、劣化が進み中材もヘタってしまったので、

ウレタンを補充して、ファブリックで張替をいたしました。

張替前

張替後

ボリュームも出て座り心地も良くなりました。

 

続いては、2P(ワイド)のクリーニングのご説明です。

こちらに関しましては、張替をせず、クリーニングのご依頼です。

匂いと多少の汚れが気になるとの事でしたので、作業させて頂きました。

作業風景とソファー内部から出た汚れの画像です。

作業前の水⇒噴霧してバキュームをかけた後の内部及び側から出た汚れ

作業前のソファー

作業後のソファー

お写真では少々分かりずらいですが、汚れも落ち、匂いが無くなりました。

お客様にも、張替、クリーニング共に大変喜んでいただきました。

クリーニングは長年染み付いた匂いが軽減されますので、気になる方にはお勧めです。

ご参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 


手編み籐椅子の編み替え

2019-07-08

今回は手編みで張られた籐椅子の、編み替えのご依頼を頂きました。

籐椅子は、シート張りになっている籐椅子がほとんどですが、稀に今回のような手編みのご相談も頂きます。

手編みの場合は1本1本を手で編み込んでいくため、とても手間がかかり時間もかかってしまいます。

当然費用の方は籐シートの張替よりも嵩んでしまうため、もしご予算に合わない場合は、木部に溝を切って、籐シートで張替えることも可能です。

尚、今回の椅子は編み替え以外にも、座面のコイルバネの組み直し&既存張地を再利用、更にクッションの詰物が馬毛だったため、ウレタンに交換しました。

修理では様々な状態のものを預かることがありますが、どんなものにも少しでも最善の対応できるよう、営業も職人も日々勉強です。


ダイニングテーブル塗装

2019-07-05

個人のお客様からご依頼をいただき、ダイニングテーブルの天板剥離塗装補修をさせていただきました。

長年のご使用によりキズや色落ちなどがありましたが、剥離をすることによりきれいに仕上げることができました。

天板の色は、色落ちがほとんどしていなかった脚に合わせて塗装させていただきました。

 

塗装前

塗装後

お客様にはとても喜んでいただけました。


ソファ張替(カッシーナ テーマ)

2019-05-21

今回はカッシーナ社のソファ、テーマシリーズのウレタン交換とカバー製作をさせて頂きました。

10年以上の使用によりヘタりや劣化、傷みもあったためウレタンを交換して、

新品のような仕上がりとなりました。

ウレタンは単純な四角のブロックではなく、傾斜をつけるために層になっておりましたので、

形状に合うようにウレタンを製作。カバーの方もそれに合わせて型を作ってからの製作となりました。(置きクッションは中材補充)

また、2個の置きクッションは外チャックで座クッションに固定する仕様でしたが、

着脱が便利なマジックテープに変更しました。

メーカー問わず、高級家具メーカーの家具の修理も承っております。

弊社では、今回のような多少の仕様変更などにも対応させて頂いております。


アンティークチェア脚折れ修理

2019-05-21

今回は椅子の足が折れてしまい、木部修理のみのご依頼を頂きました。

最初、猫脚も含めて交換予定でしたが、脚まで作り直さずに強度は確保できそうでしたので、

前面の部材のみ交換し、色を合わせて塗装しました。樹種は既存に合わせてカバ材を使用。

今回猫脚はそのままでしたが、猫脚の修理も承っております。

弊社は椅子の張替だけでなく、木部修理や塗装も得意としております。

思い入れのある家具を永く使うためには、修理も適切に行わなければなりません。

お困りごとありましたらお気軽にご相談ください。


1 2 3 4 5 13