ブログ

クラブソファー新規製作

2018-05-15

今回、短納期でクラブソファー(収納付)とカウンターチェア、スツール、テーブルを製作、納品、設置いたしました。

今回は、ご発注から製作まで10日程しかなく、壁回りのソファーは弊社工場で、その他は、既製品にて納品させて頂きました。

ソファーは下台を床に固定して収納ができるタイプで、背座が一体でコロが付いており上に持ち上げて外すタイプとなっております。

壁回りソファー(収納)

その他全体のセット後

テーブル天板はメラミン品番指定の特注で、製作いたしました。

急なご発注も、数量によってはなるべく対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。


アームチェアの張替

2018-05-10

今回は、都内某企業様がオフィスで使用するための椅子を張替えさせていただきました。

曲線が多いため綺麗に仕上げるためには職人の技量が試される椅子になりますが、問題なく張替えることができました。

お客様にも大変喜んで頂きました!


アルフレックス ダイニングテーブルの再塗装

2018-05-10

今回は個人のお客様のご所有されている、アルフレックスのダイニングテーブルを再塗装させていただきました。

色については人それぞれで感じ方が違うこともあるため、基本的には塗り見本となるサンプルが必要になることが多いのですが、今回はフローリングのサンプル材を取り寄せ、それに合わせたお色で再塗装をいたしました。

天然木(ナラ)のフローリング素材だったため、色合いにバラつきがあり、色合わせは全体の雰囲気に合うような色にすることを目標にして再塗装しました。

お客様にも無事、喜んで頂くことができました。

弊社ではメーカー問わず、様々な家具の修理に対応しております。

基本的には最初に対応させて頂いた担当者は変わらず、その後のアフターフォローもさせて頂いております。

何かありましたらお気軽にご相談ください!


テーブル兼用スツール及びオットマン製作

2018-05-10

いつもお世話になっておりますお客様より、ご依頼を頂き、個人邸様のセンターテーブルと兼用のスツールとオットマンを製作させて頂き、納品いたしました。

テーブルと兼用のスツールは、上部のクッションを外すと、ヒダ取りボタン締めの状態になり、

凹凸がございますが、硬めに製作してるので、お盆などを敷いてテーブルとしてご使用になります。

スツールとしての使用の場合

テーブルとしての使用の場合(上部クッション取り外し)

オットマンは、置きクッション風に上部と下部を分けて、外れない様縫い付けております。

 


某飲食店様 壁面ベンチの張替

2018-05-09

今回は横浜の某飲食店様の壁面ソファを張り替えさせていただきました。

輸入生地を使用したことで、張替前とあとでは印象の全く違う空間に仕上がり、

お客様にも喜んで頂きました。

 


新規ソファーセット

2018-05-09

いつもお世話になっております、デザイン事務所様のご依頼で、

都内某住宅展示場様の、ソファーセットを製作・納品設置をさせて頂きました。

一段下がったスペースに、丁度に納まるよう下台は分割で製作をして、現場にてジョイントいたしました。

背のクッションは、背面什器にベルクロ(マジックテープ)にて固定をして、

タッカーを打って完成です。

 

取り付け作業風景

完成

 


ヘッドボード&L型ソファー製作

2018-05-08

先日、デザイン事務所様経由で、個人邸のベッドヘッドボード及びソファーを製作させて頂き、

納品・設置いたしました。

ヘッドボード、ソファー共に寸法が大きい為、ヘッドボードはクレーンにて、

ソファーは3階迄、ロープにて手上げで吊り上げて納品いたしました。

 

ヘッドボード吊り上げ風景(窓より引き込み)

ヘッドボード設置(W2800)

ソファー設置

ソファーの吊り上げ風景は撮り忘れました。。。スミマセン

 

 


新社屋落成のごあいさつ

2018-05-02

弊社では、かねてより本社ビル跡地に建設中でありました新社屋が、
無事4月の末日をもちまして、落成の運びとなりましたことをお知らせいたします。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝いたしております。
新社屋は、1階を倉庫兼駐車場、2階を事務所と致しまして、
その他は、名称を「アンティエ・メゾン」とし、賃貸マンションとして、
今後は運営いたしてまいります。
社員一同、一丸となり全力を尽くす所存でございます。
皆様には、より一層のご支援お引き立ての程、お願いいたします。

また、お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。


壁付ヘッドボード取付方法

2018-03-05

某ハウジングメーカー様のモデルハウスの子供部屋の壁に、

ヘッドボードを直付けいたしました画像です。

まずは、壁に両面テープ付のベルクロ(マジックテープ・オス側)をタッカーで打ち込み、

位置を合わせます。

その後、左右の寸法を調整して本体を固定いたします。

壁の下地を、コンパネか、あまり重量がなく置き式であれば、ボードでも固定可能です。

他にも様々な方法がございますので、その都度ご相談ください。

 


1 2 3 4 5 6 21